/* キャッチフレーズの2行目 */ #headerTop #site-description:after { content: 'スカイプ・出張にも対応しています。'; display: block; }

利用を希望される皆様へ

就労移行支援事業所とは

 障害のある方の就職をサポートする福祉サービスの一つです。
 ワークネット北九州は、高次脳機能障害や発達障害、発達障害の疑いがある方に対して就労移行支援を行っています。
 一般企業等への就職を希望される方(65歳未満)に対して、事業所内や企業における作業や実習を行ったり、適性に合った職場探しを行うなどの支援をしています(標準期間:24ヶ月)。
 また、就職後には職場定着のための支援も行っています。

ご利用までの流れ

ワークネットの4つの特色  

個別面談を重視します。

  1. 面談の中で、本人の希望や思い、不安を聞き取りながら、一人ひとり就労までの長期の目標や短期の目標を立て見通しをもって就労まで支援していきます。
  2. 面談の中で本人が実際に行った様々な訓練や評価表などを通して自分の「得意なこと」「好きなこと」や「苦手なこと」を知り「苦手なことに対してどんな工夫をすればできるようになるのか」や「企業に配慮してもらいたいこと」を把握して、ナビゲーションブックなどを作成する支援を行っていきます。

作業療法士等専門スタッフが支援します。

作業療法士・精神保健福祉士・社会福祉士が一人一人の就労に向けたニーズをくみ取り対応していく支援を行います。

オフィス環境での訓練をします

  • レインボープラザのビルには様々な事業所が入っています。通路でのあいさつやエレベーターの利用などを通して、社会人としてのマナーなどを意識できる環境です。
  • また、訓練室は二面に採光が取れ明るい環境でオフィスワークができます。
  • 人の動きや声が気になる方は個別のブースでの訓練が可能です。自分にとって仕事がしやすい環境を探してみましょう。

家族や関係機関との連携を重視します。

発達障害の方の中には、コミュニケーションが苦手で言葉不足だったり言葉の意味を取り違えて覚えていてコミュニケーションがうまくいかず人との関係・家族関係がすれ違いぎくしゃくする場合もあります。
講師を招いての研修会なども実施するなど支援の質的向上を図ります。また本人様ご家族を含めて就労に向けての協力体制作りを行っていきます。関係機関とも連携を図り就労移行支援を行っていきます。

一日の流れと訓練について

ラジオ体操で体をほぐします


9:00~9:20 出勤
9:30~9:45 ラジオ体操
9:45~9:50 朝礼
9:50~11:45 訓練(午前)
11:45~12:00 振り返り(午前)
12:00~13:00 昼休憩
13:00~14:45 訓練(午後)
14:45~15:00 振り返り(午後)
15:00~ 終礼

※その方の状況によって時間帯が異なる場合があります

朝礼、終礼も大事な訓練です。

朝礼:1日の訓練内容などを確認し来客者などを知ることで見通しを持って活動します。
振り返り:午前午後それぞれ目標を持って訓練に臨み訓練日誌に訓練内容・目標や達成状況などを記入し支援員と振り返りを行います。終礼ではその内容を発表します。仕事をする際にも報告をする習慣づけになっていきます。






就職までのおおまかな流れ

メールでのお問い合わせはこちらから

Posted by motoshige